家庭教師をお願いする

生徒に合った良い家庭教師とは

勉強で悩みつまづく学生は多いです。部活動との両立の問題もあります。短い時間で成績を飛躍的に向上させていくにはどんな方法がよいでしょうか。ここでは、まず、生徒と家庭教師の相性について述べていきます。学業重視派と部活重視派に大きく分けてみます。学業重視派の子供は、大人しい傾向があるので、担当する家庭教師も大人しいタイプが向いています。一方、部活重視派の生徒を見ると活発な子が多く、あまりじっとし続けることは苦手です。ですので、短期間で集中して、一気に勉強をさせる必要があります。ですので、このような生徒の場合、熱血漢の家庭教師が向いています。一気に成績を上げることができるタイプはこのような場合が多いです。

苦手の科目にどう向き合うか

成績を上げていくことを実感させる方法として、苦手科目を克服することがあげられます。苦手科目が苦手でなくなってくると勉強に対するモチベーションが多いにあがることが期待できます。勉強が苦手な生徒に共通して言えることは、食べず嫌いな場合が多いということです。学校で説明は受けたが、内容が理解できない。この場合は、家庭教師にしっかり不明な部分を説明してもらえばよいです。しかし、大抵の子供は、わからなことを教科書の読み返しや質問をすることなく放置してしまいます。これが続くとわからない事が蓄積してしまい、永久的にわからなくなってしまいます。そうならないためには、早い段階で家庭教師に、質問してわからないを克服していく必要があります。